宅地建物取引業免許申請 料金表

申請手数料行政書士報酬
宅地建物取引業免許申請(新規・知事)33,000円99,000円~
宅地建物取引業免許申請(新規・大臣)90,000円143,000円~
宅地建物取引業免許申請(更新・知事)33,000円88,000円~
宅地建物取引業免許申請(更新・大臣)33,000円132,000円~
宅建業者名簿登載事項変更届出(知事)44,000円~
宅地建物取引士資格登録33,000円~
※他郵便代や証紙代など実費がかかります。

・免許申請手続きに関するご相談、サポート
・各種申請書類の作成
・必要書類の収集
・保証協会への加入手続きのサポート

<宅地建物取引業免許申請手続きの流れ>

1.お問い合わせ・面談(手続きの流れ、見積り、知事免許か大臣免許か、法人か個人どちらでの開業か、人的欠格事項がないか等を説明いたします)

2.必要書類を揃える。

3.法人を設立する場合は、定款作成・登記を行う。
 ※こちらで定款作成可能です。法人の登記申請書の作成や登記の申請手続きはご自身で行うか司法書士の先生にご依頼ください。

4.管轄の土木事務所に宅地建物取引業免許申請を行う。

5.保証協会へ加入申請を行う(宅建協会または不動産取引協会)

6.免許通知を受ける。※営業保証金を供託する場合は供託後に免許権利に届出する。

7.免許証が交付される。

8.宅建業の営業開始。

【宅地建物取引業免許取得の注意点】
・1つの都道府県のみに事務所を設置する場合は知事免許、複数の都道府県に事務所を設置する場合は国土交通大臣免許が必要です。
・継続的に業務を行うことができる事務所を設置すること。
・専任の宅地建物取引士を設置すること。(各事務所に最低1名および業務従事者5名につき1名以上の割合)
・欠格事由に該当しないこと。
・保証協会に加入(弁済業務保証金分担金:本店60万円、支店ごとに30万円)するか、営業保証金(本店1,000万円、支店ごとに500万円)を供託すること。

主な業務エリアを、大分県中津市、宇佐市、豊後高田市、福岡県豊前市、吉富町、上毛町、築上町、行橋市としておりますが、遠方の対応やビデオ通話を使ったリモート対応も可能です。ご依頼者様の状況に応じ、様々な要望にお応えいたします。開業サポート全般を行っていますので、宅建業開業の仕方がわからない方、とりあえず何かやってみたい方、お気軽にご相談ください。